福井県のごみ出しルールやエコ・リサイクル活動について

- 福井県福井市の粗大ごみ回収の工夫

福井県福井市の粗大ごみ回収の工夫

福井県の粗大ごみ回収について

福井県の粗大ごみ回収について見てみると、主に福井市では、収集資源センターが一括して取り行っている事が分かる。
福井市の場合は、収集資源センターへ事前に電話連絡をし、申し込みを行い、収集を依頼するのが一般的で、1回の収集につき5点まで収集してもらう事が出来る。
回収出来る日は平日のみとなっていて、土日の回収は専門業者に相談する事になる。

粗大ごみを出す場合の注意点

収集運搬、処分手数料は、粗大ごみを回収する時に支払う仕組みになっている。
その料金は、500円から2050円までと幅広く、例えば、タイヤの場合は500円、セミダブル以上のベッドマットレスは2050円となっている。
ベッドの枠等は、ベッドマットレスと同じ扱いとなり、その点においても分かりやすく大変利用しやすいと言える。
出来るだけお釣りの無いように料金は準備しておくのが良いと思われる。

区分が「特殊、大、中、小」に分かれており、大は、縦横高さの合計が3m以上の物で、中は、1.5m以上3m以内、小は、1.5m未満の物と定められている。
大・中・小の規定に合うか合わないか分からないようなものや、特殊な区分に入る物については、予め事前に問い合わせておくと良いと思われる。

直接ごみ処理施設へ粗大ごみを持ち込む場合

福井市では、直接ごみを処理施設に持ち込む場合でも事前の申し込みが必要となっている。
また、その料金や大きさの規定についても持ち込む前に事前の連絡が必要となっており、粗大ごみについて問い合わせる必要があるのだ。
直接粗大ごみを持ち込む処理施設は、清掃清美課、福井市市民生活部クリーンセンター、等があり、共に電話かFaxでの問い合わせが必要となる。

他県と比べて

粗大ごみ東京都や他県と比べると、福井県福井市は、粗大ごみを処分する際に券の発行や、予約等が必要無い事が分かる。
また、その場で料金を支払うシステム等は、明瞭会計で大変分かりやすく、ある意味では、シンプルな仕組みで粗大ごみの回収を行っていると言える。
1度の回収で5点までと言う点にも好感が持てるし、比較的粗大ごみのサイズも大きなベッドマットレスまで対応している点は、自治体としては珍しい部類に入るのではないかと思うのである。
粗大ごみをなるべく安価で自治体が回収する事により、市民にとっては粗大ごみを処分しやすくなり、大型のごみだからと言って他の専門業者に高い費用を掛けなくても良くなり、生活の安定にも配慮している点は評価出来るものと言える。