福井県のエコ活動と省エネ

福井県のエコ活動について

福井県では「LOVE・アースふくい」と言うキャッチフレーズの元、福井県地球温暖化防止活動推進センターを設置している。
地球温暖化防止に向けての活動を主に行っているのだが、書籍の発行や、地域連携事業、講師派遣等をメインに活動している。
書籍については、「市民地域共同発電所のつくり方」等があり、地域連携事業には、「PVコンソーシアム」、「ふくい節電所コンソーシアム」、「ふくいソーラー市民ファンド」、「省エネ・グリーンカーテン」、「ダウンアンペア」、「マキキュート」、「公共交通機関の利用」、「生ごみリサイクル」等がある。
生ごみリサイクルがあるように、節電の為、エコ活動の為に、ごみの削減についても取り組んでおり、不用品・粗大ごみのリサイクルや、産業廃棄物の再利用等にも情報提供等を行っている。
ホームページ(http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/kankyou/ee/ee-top.html)でも詳しい情報が見られます。

節電の為に必要な事

節電を意識して生活して行くには、どのような事が必要なのだろうか。
ひと口に節電と言っても様々な方法があるし、ライフスタイルによってはどうしても難しい場合がある。
それでも節電をする為には、基本的な事を守る事が必要となるのである。
例えば、こまめに電気を消したり、グリーンカーテンを育成して、直射日光を遮るような努力をしたり、ダウンアンペア等は非常に手軽に出来る事である。
電気代の節約にもなる為、手軽に出来ることから地道に着手し、いずれは省エネ家電への買い替え等も検討すると良いだろう。

  « 前の記事: を読む