福井県のリサイクル活動

福井県のリサイクル活動について

福井県では、様々なリサイクル活動を行っている。
不用品や粗大ごみ、リサイクル出来る資源ごみ等は、物を大切にすると言う観点から、修理方法を情報提供したり、おもちゃや靴、その他日用品に関してまでリサイクルする方法を提供している。
産業廃棄物については、自治体や事業者がそれに取り組んでおり、個人単位では行われていないのである。

個人が出来るリサイクル活動として、無人の古本販売や、おもちゃの修理ドクター養成講座、レジ袋の有料化、フリーマーケットの開催、生ごみのたい肥化とその普及を図る団体を募集する等、自治体が中心となって実践している事は多数ある。
特に無人販売による古本販売等は、需要と供給の関係が上手く成立していれば、格安で本を購入する事が出来、人件費も掛からないのである。
実に効率良くリサイクル活動を行っていると言える。

おもちゃの修理ドクター養成講座等は、壊れてしまったおもちゃを修理して再利用しようと言う取り組みで、通常なら壊れたら捨ててしまうようなおもちゃも、修理すればまた遊ぶ事が出来ると言う事を子供達にも教える事が出来る、最高の再利用教育であると言える。

自治体が中心となってこうした取り組みをする事により、福井県民の関心も高まり、物を大切に扱うようになるのではないかと予想出来るのである。
こうした取り組みは出来れば日本全国に広がって欲しいものであると共に、定着して行く事が望ましいと言える。

  « 前の記事: を読む